バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品


免疫組織化学染色標本写真一覧 【その他】4HNE, 8-OHdG, 1A4, 13-HODE, 1L-1β, 3-Nitrotyrosine, 68kDa Neurofilament,
 
4HNE(4-ヒドロキシノネナール)
4HNE染色は酸化ストレスを起こした組織では基本的に細胞質に染まります(核にも染まることはある)。通常の免疫染色とは異なりホルマリン固定では非特異的な反応が多く、無処置の肝臓でも染まってくるため、ホルマリン固定組織は要注意。固定はブアン固定がデータ的に相関する。最近では蛋白質だけでなくDNAも4-HNE修飾を受けることが報告 されております。詳細は日本老化制御研究所ホームページで
4HNE 4HNE 4HNE
酸化ストレスモデル(ラット肝臓) 4HNE
酸化ストレスモデル(マウス肝臓) 4HNE
酸化ストレスモデル(マウス肝臓) 4HNE
     
8-OHdG

8-OHdG染色は酸化ストレスを起こした組織では基本的に核に染まります。8-OHdGの場合は酸化ストレス負荷後、数時間~数日でピークを迎えその後フィードバック機構が働き正常値レベルまで戻るため、血中および尿酸値のデータも並行して、解剖時期を決定することが基本です。この点を誤ると、免疫染色した際に発現が全くないなど相関しないことが多々あるため、初めて実験される方はいきなり本染色をされるのではなく、まずは酸化ストレスがどこでピークを迎えるのかを確認(予備試験を数回繰り返されて)して確実なデータを取られることをお勧めします。通常の免疫染色とは異なりホルマリン固定やPFA固定では非特異的な反応が多く、無処置の肝臓の核もあたかも酸化ストレスを起こしたかのような像に染まってくるため、ホルマリン固定組織は要注意。固定はブアン固定がデータ的に相関する。詳細は日本老化制御研究所まで。

8-OHdG 8-OHdG 8-OHdG
酸化ストレスモデル(ラット腎臓) 8-OHdG
酸化ストレスモデル(ラット脳) 8-OHdG
酸化ストレスモデル(ラット膀胱) 8-OHdG
8-OHdG 8-OHdG 8-OHdG
紫外線照射モデル(マウス皮膚) 8-OHdG
ブタ心臓 8-OHdG
クッパー細胞および胆管上皮に発現した8-OHdG
     
注意!!固定液の選択を間違った場合の8-OHdGの染色性の違い(肝臓編)
 

ラット肝臓(無処置)8-OHdG
10%中性緩衝ホルマリン パラフィン切片

左写真は無処置の肝臓ですが、10%中性緩衝ホルマリンで固定後、8-OHdG染色すると、あたかも酸化ストレスにかかった肝臓の様に強陽性像を示します。これでは酸化ストレスの群間の差は固定液で邪魔されて理解不能になります。
8-OHdG

酸化ストレス負荷の肝臓 8-OHdG
(ブアン固定液で固定) パラフィン切片

左写真は酸化ストレスがかかった肝臓です。8-OHdG陽性部分は中心静脈周囲の胆管上皮細胞および血管内皮細胞およびクッパー細胞に陽性像を示しますが、ブアン固定することでコントラストがつきます。もし固定がホルマリン固定の場合は肝細胞の核すべてに陽性像を示す非特異的な反応が出てしまい、データがずれてきます。
注意!!固定液の選択を間違った場合の8-OHdGの染色性の違い(腎臓編)
ラット腎臓(無処置)
10%中性緩衝ホルマリン パラフィン切片
左写真はわかりにくいかもしれませんが、腎臓の尿細管上皮細胞の核に8-OHdGの発現がすべてに認められます。ホルマリン固定で染色すると無処置でもあたかも酸化ストレスがかかったような像を示すのが特徴です。またすべての核がうっすらと染まるのが特徴です。従いましてホルマリン固定での8-OHdG染色はすべて非特異的な反応も含む発現ですので誤診してしまいます。ホルマリン固定したサンプルは必ず出るので注意!
8-OHdG
ラット腎臓(酸化ストレスモデル)
ブアン固定 パラフィン切片
通常酸化ストレスがかかると左写真の茶色い部分の尿細管上皮細胞に8-OHdGの発現が認められ、茶色い部分以外の尿細管上皮細胞には陰性を示しており、コントラストのとれた染色像が得られます。これがホルマリン固定ですとすべての尿細管が茶色になり、本来酸化ストレスを起こしている核がどれか判別することが不可能になります。
 
13-HODE(13-hydroxy octadecadienoic acid )
13‐ヒドロキシオクタデカジエン酸は酸化ストレスを起こしている肝細胞の細胞質に発現することが多い。
13-HODE 13-HODE 13-HODE
13-HODE(マウス肝臓:病態)
13-HODE(マウス肝臓:病態)
13-HODE(マウス肝臓:病態)
 
 
 

   
病理組織標本作製および検査
   
   
株式会社 バイオ病理研究所
   
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2    
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320    
    E-mil:mail@biopathology.jp