バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品


免疫組織化学染色標本写真一覧 【H】HEL, HSP, HIF1α, Hypoxyprobe-1, HOXA13, HNF4α, Hemoglobin subunit α, HB-EGF, HABP,Heme oxygenase-1(HO-1), Histone H3, HLA DR, HSD11B1, HtrA1,
 
HEL(ヘキサノイルリジン)
HEL染色は酸化ストレスマーカーの中でも初期の酸化ストレスの判定に用いられる染色である。ブアン固定が望ましい。ホルマリン固定不可。
HEL HEL 2 HEL 3
酸化ストレスモデル(ラット肝臓) HEL
酸化ストレスモデル(マウス肝臓) HEL
酸化ストレスモデル(マウス肝臓) HEL
     
HIF1α染色
低酸素誘導因子1α(HIF1α)は、低酸素細胞でのグルコース代謝調節にかかわっているタンパクである。腫瘍組織などでは通常の酸素条件下ではないため細胞のHIF1α発現が多くなる。
HIF1α HIF1α HIF1α

HIF1α(マウス腫瘍)

HIF1α(マウス腫瘍)
HIF1α(マウス腫瘍)
     
HSP(Heat Shock Protein)染色
細胞が熱等のストレス条件下にさらされた際に発現が上昇して細胞を保護するタンパク。ストレスタンパク質とも呼ばれる。
HSP25 HSP60 HSP70
HSP25(ラット大腸)
HSP60(マウス心臓)
HSP70(サル舌)
     

   
病理組織標本作製および検査
   
   
株式会社 バイオ病理研究所
   
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2    
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320    
    E-mil:mail@biopathology.jp