GSTP バイオ病理研究所

 

バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品

免疫組織化学染色標本写真一覧 【E】E-Cadherin, EpCam, C-ERC, e-NOS, EGFR, EGF, ECT2, EGF,
 
E-Cadherin
E-cadherinは上皮細胞の代表的な接着分子であり、細胞間接着に寄与している。
E-Cadherin(マウス子宮)
E-Cadherin(マウス子宮)
E-Cadherin(ラット子宮)
EpCam
EpCAM(上皮細胞接着分子、CD326)は、細胞接着因子で主に上皮の基底膜に発現します。通常の上皮の発現は弱い。増殖や間葉性表現型の移行と相関して発現は増加する。非上皮由来の癌細胞はEpCAMを発現しないが、転移性癌細胞の診断マーカーとして有用である。
EPCAM
EPCAM
EpCam(マウス腎臓 DAB)
EpCam(マウス皮下腫瘍 DAB)
EpCam(マウス皮下腫瘍 DAB)
C-ERC/Mesothelin
ERC
中皮腫
中皮腫
C-ERC(ラット中皮腫 DAB)
C-ERC(ラット中皮腫 DAB)
C-ERC(イヌ 中皮腫 DAB)
 
e-NOS
e-NOS
e-NOS
e-NOS(マウス腫瘍)
e-NOS(マウス腫瘍)
 
EGFR
EGFR
EGFR
EGFR
EGFR(マウス腫瘍)
EGFR(マウス腫瘍)
 

   
病理組織標本作製および検査
   
   
株式会社 バイオ病理研究所
   
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2    
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320    
    E-mil:mail@biopathology.jp