バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品

免疫組織化学染色標本写真一覧 【D】d-Calbindin, DAT, Desmin, DRD1-5, D-アミノ酸, Doublecortin, DNMT1, D-Alanine, DDIT4, DDX5, D-Glutamic acid,
 
d-Calbindin染色
d-Calbindinは小脳のプルキンエ細胞および神経突起に発現が認められる。小脳の神経障害実験のプルキンエ細胞の発現を探索するのに良く利用される抗体である。
d-calbindin バイオ病理研究所
d-Calbindin
d-Calbindin(マウス小脳 蛍光:凍結切片)
d-Calbindin(マウス小脳 蛍光:凍結切片)
d-Calbindin(マウス小脳 DAB:凍結切片)
d-Calbindin(ラット小脳 蛍光:パラフィン)
d-Calbindin(ラット小脳 蛍光:パラフィン)
 
DAT染色(Dopamine Transporter)
DAT(ラット大脳:障害モデル)
DAT(ラット大脳:障害モデル)
 
Desmin染色
Desmin
Desmin(ラット腎臓 DAB)
Desmin(ラット腎臓 DAB)
Desmin(ラット腸管 DAB)
 
 
DRD3染色(Dopamine receptor D3)
Dopamine receptor D3染色は海馬の神経細胞、小脳のプルキンエ細胞に特異的に発現が認められる。顆粒細胞には発現しない。
DRD3
DRD3(ラット大脳:海馬領域)
DRD3(ラット小脳)
DRD3(ラット大脳:障害モデル)
 
DRD4染色(Dopamine receptor D4)
Dopamine receptor D4染色は 大脳神経細胞および神経束、海馬の神経細胞および小脳のプルキンエ細胞に特異的に発現する。
DRD4
DRD4(ラット大脳:海馬領域)
DRD4(ラット大脳:線条体)
DRD4(ラット小脳)
 
DRD5染色(Dopamine receptor D5)
Dopamine receptor D5染色は大脳神経細胞および小脳顆粒細胞、海馬の神経細胞の特異的に発現する。小脳のプルキンエ細胞にも軽度であるが発現は認められる。
DRD5
DRD5
DRD5
DRD5(ラット大脳:海馬領域)
DRD5(ラット小脳)
DRD5(ラット大脳:障害モデル)
 
D-アミノ酸
D-amino
D-amin
D-アミノ酸(イヌ 口腔腫瘍)
D-アミノ酸(イヌ 口腔腫瘍)
 
 
 

   
病理組織標本作製および検査
   
   
株式会社 バイオ病理研究所
   
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2    
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320    
    E-mil:mail@biopathology.jp