バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品


免疫組織化学染色標本写真一覧 【C】CD関連抗体
CD1a, CD11b CD11c, CD3, CD4, CD8, CD13, CD15,CD16, CD19, CD25,CD26, CD29, CD31, CD34, CD36, CD44, CD45, CD45R, CD46, CD47, CD56, CD68, CD138, CD206

 
CD3染色

CD3はTcellの抗原レセプターを厚生する膜抗原の総称である。マウス組織ではCD4およびCD8染色は困難を極めるが、その際にTcellの発現だけは確認したいという
炎症モデル組織の場合にCD3が使用されることが多い。

CD3 CD3 CD3
CD3(マウス耳介)
CD3(ラット大腸)
CD3(マウス脂肪組織)
 
CD4染色

CD4染色は、リンパ濾胞の中心部に認められるのが特徴である。CD4+およびCD8+細胞は、マージして赤橙色を呈する。

CD4xCD8蛍光重染色(マウス脾臓)
CD4蛍光染色(マウス脾臓)
CD4染色 DAB発色(マウス脾臓)
 
CD8染色

CD8染色は、リンパ濾胞の中心部に認められるのが特徴である。CD4+およびCD8+細胞は、マージして赤橙色を呈する。

CD4xCD8蛍光重染色(マウス脾臓)
CD8蛍光染色(マウス脾臓)
CD8染色 DAB発色(マウス脾臓)
 
CD11b染色

CD11b染色の発現部位は単球・マクロファージ、顆粒球、NK細胞などに発現する。CD11bの減少・欠如にともない免疫不全状態を呈するためその指標マーカーに使用されることが多い。

CD11b CD11b
CD11b(マウス脾臓)
CD11b(ラット大腸:蛍光)
CD11b(マウス脾臓:蛍光)
 
CD11c染色

CD11c染色はCd11b染色と類似していて、単球・マクロファージ・顆粒球・NK細胞・樹状細胞、活性化T-cell,活性化B-cellに発現が認められる。組織球にも染色される。

CD11c CD11c CD11c
CD11c(マウス脾臓)
CD11c(マウス腸炎モデル)
CD11c(マウス腸炎モデル)
 
CD13染色

 

CD13 CD13 CD13
CD13(ラット腎臓)
CD13(ラット腎臓)
CD13(ラット腎臓)
 
CD15染色
CD15染色は主に単球、成熟顆粒球(下記写真)、骨髄系前駆細胞などに発現するのが特徴である。
CD15 CD15 CD15
CD15蛍光染色(培養細胞)
CD15蛍光染色(培養細胞)
CD15蛍光染色(培養細胞)
 
CD16染色
CD16 CD16 CD16
CD16染色(DAB:マウス腸炎)
CD16染色(DAB:マウス腸炎)
CD16染色(DAB:サル腎臓)
 
CD19染色(B-cell)
CD19(B-cell)染色は主にB-cell細胞全般(活性化B-cell, 休止期B-cell)に発現が認められ、B細胞の同定に効果的であり、CD3染色と対比染色可能である。
CD19 CD19 CD19
CD19染色(マウス肺)
CD19染色(マウス腫瘍)
CD19染色(マウス腫瘍)
 
CD31染色
CD31染色は、主に血管内皮細胞、血小板、単球・マクロファージに発現が認められる。血管内皮細胞だけの探索研究および定量検査の場合は、CD34染色の方が効率的である。
CD31 CD31  
CD31(培養細胞)
CD31(イヌ大脳)
 
CD34染色
CD34は主に血管内皮細胞に発現する抗体で、同じCD31抗体も血管内皮を染めることはできるが、抗体によっては凍結切片対応しかないことと、染めるとボヤッとした染まり方をするため、CD31は定量検査には向いていない。CD31に変わる抗体としてCD34抗体(パラフィン切片)で染色すると下記写真の様にコントラストよく染めることが可能であり、腫瘍などの血管新生の検索などに向いている。
CD34 CD34
CD34蛍光染色(緑)(ラット腎臓)
CD34(緑)xMac2(赤)蛍光重染色
CD34(DAB発色)マウス腫瘍
     
CD36染色
CD36発現細胞は炎症性細胞浸潤内のマクロファージおよび単球に発現が認められる。ただしCD68マクロファージと同等の発現はしない。
CD36 CD36 CD36
CD36(マウス皮膚炎症モデル)
CD36(マウス脾臓)
CD36 (マウス皮下腫瘍)
     
CD45染色
CD45 CD45
CD45 (マウス脾臓)
CD45 (マウス脾臓)
CD45 (マウス脾臓)

 

   
CD68染色
CD68はマクロファージを染める抗体である。ただ単にマクロファージを染めるのであればMAC2染色の方が有効的である。MAC2発現数=CD68発現数ではないので注意。
CD68 CD68 CD68
CD68(ラット胸腺)
CD68(ラット胸腺)
CD68(ラット腎臓)
     


   
病理組織標本作製および検査
   
   
株式会社 バイオ病理研究所
   
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2    
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320    
    E-mil:mail@biopathology.jp