バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品


免疫組織化学染色標本写真一覧 【C】
Cleaved Caspase3,8,12, サイトケラチン関連(CK20,), CGRP, Collagen関連, C3, CEA, C-ERC, CathepsinL, CD2AP, TFF3, COX2, βカテニン, calbindin, Cyclin D1, CYB5R3, CollagenIV, Collagen X, CNPase, claudin-1, ChAT, CaMKⅡ, CathepsinB, CADM1, Calreticulin, CRTAC1, CXCL2, CEBPα, c4d

     
Cleaved Caspase3染色

Cleaved Caspase3は 主に細胞がアポトーシスを起こす前に出すタンパクで、TUNEL染色ではネクローシスにも反応するのに対し、Cleaved Caspase3は非特異的な反応をあまり起こさないのが特徴である。腫瘍など壊死が激しい組織のアポトーシスの検出に有効。

cleaved Caspase3
Cleaved Caspase3(マウス胸腺)
Cleaved Caspase3(マウス腫瘍)
Cleaved Caspase3(マウス腫瘍)
     
Caspase8染色

 

caspase8 caspase8 caspase8
Caspase8(マウス肺)
Caspase8(マウス結腸)
Caspase8(マウス胸腺)
     
Caspase12染色

 

caspase12 caspase12 caspase12
Caspase12(マウス肝臓)
Caspase12(マウス肝臓)
Caspase12(マウス肝臓)
     
サイトケラチン系(CK3, CK-AE1/AE3, CK13, CK19, CK20)免疫染色
Cytokeratin13
Cytokeratin3x CK19蛍光重染色(マウス子宮)
CytokeratinAE1・AE3蛍光染色(マウス腫瘍)
Cytokeratin13(マウス腫瘍:蛍光)
CK13 CK13 CK20
Cytokeratin13(マウス食道:蛍光)
Cytokeratin13(マウス子宮:蛍光)
CK20(マウス腸炎モデル)
CK20    
CK20(マウス腸炎モデル)
 
 
CGRP染色
CGRP(マウス腎臓)
CGRP(マウス肝臓)
CGRP(ラット肺)
     
コラーゲン染色(CollagenⅠ~Ⅳ)
collagen4
Collagen TypeⅡ(ラット気管)
Collagen TypeⅣ(イヌ 腎臓)
Collagen TypeⅣ(マウス肝臓 線維化)
     
C3染色
C3 C3 C3
C3(マウス腎臓:蛍光)
C3(マウス腎臓:蛍光)
C3(マウス腎臓:蛍光)
     
CEA(Carcinoembryonic antigen)染色
CEA(Carcinoembryonic antigen)染色は主に上皮系の腫瘍に特異的な発現として認められるのが特徴で有り、正常のマウス大腸・小腸の粘膜上皮表面にも発現が認められる。
CEA CEA CEA
CEA(マウス肝臓前癌モデル)
CEA(マウス肝臓前癌モデル)
CEA(マウス大腸)
     
C-ERC/Mesothelin染色
 
ERC C-ERC C-ERC
C-ERC(ラット中皮腫 DAB)
C-ERC(ラット中皮腫 DAB)
C-ERC(ラット中皮腫 DAB)
     
COX2染色
 
COX2 COX2 COX2
COX2(マウス腫瘍)
COX2(マウス腫瘍)
COX2(マウス腫瘍)
     
Calbindin染色
Calbindinの発現は小脳プルキンエ細胞および大脳神経細胞を中心に発現するが、腎臓では遠位尿細管および皮質集合管に特異的な発現が認められる。近位尿細管には発現していない。
calbindin calbindin calbindin
calbindin(ラット腎臓)
calbindin(ラット腎臓)
calbindin(ラット腎臓)
     
     
     


   
病理組織標本作製および検査
   
   
株式会社 バイオ病理研究所
   
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2    
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320    
    E-mil:mail@biopathology.jp