サル眼球 バイオ病理研究所

バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品
 
会社概要
バイオ病理研究所全景
会社名称
株式会社 バイオ病理研究所 (英名:Biopathology Institute Co., Ltd.)
代表者名
代表取締役社長 金林 智倫(Kanabayashi Tomomichi)
運営管理者
取締役会長 金林 輝彦(Kanabayashi Teruhiko)
所在地
〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2
資本金
1千万円
設立
平成2年2月6日

沿革
  平成 2年 7月 病理組織標本の作製および検査をGLP適用開始
  平成 7年 9月 医薬品機構のGLP調査を受ける (評価結果通知:平成8年2月27日 評価:A)
  平成 8年 3月 厚生省生活衛生局に化学物質GLP基準適合確認を申請 (評価結果通知:平成8年3月28日 確認の可否:可)
  平成 10年11月 医薬品調査機構の2回目のGLP調査を受ける (評価結果通知:平成11年2月9日 評価:A)
  平成 11年 4月 厚生省生活衛生局に2回目の化学物質GLP基準適合確認を申請評価結果通知:平成11年4月23日 確認の可否:可)
  平成 13年 9月 実験室(切り出し室・湿標本一時保存庫およびQAU室)の増築
 
平成 13年10月
医薬品機構の3回目のGLP調査を受ける (評価結果通知:平成13年12月11日 評価:A)
 
平成 13年12月
厚生省生活衛生局に3回目の化学物質GLP基準適合確認を申請 (評価結果通知:平成14年1月8日 確認の可否:可)
  平成 14年 3月 農林水産省生産局に農薬GLP基準適合確認を申請(評価結果通知:平成14年7月30日 適合)
  平成 16年 7月 実験室(湿標本一時保存庫)の増築
  平成 16年 9月 医薬品機構の4回目のGLP調査を受ける(評価結果通知:平成16年12月14日 評価:A)
  平成 16年 9月 厚生労働省医薬食品局に4回目の化学物質GLP基準適合確認を申請評価結果通知:平成17年2月14日 確認の可否:可)
  平成 17年 4月 バイオ病理研究所 新館の建設完成
  平成 17年 5月 農林水産省消費・安全局に2回目の農薬GLP基準適合確認を申請(評価結果通知:17年7月20日 適合)
  平成 18年 3月 市町村合併により「大分県 国東市(くにさきし)」誕生
  平成 19年 3月 免疫組織化学染色の受託増加に伴い「免疫染色室」の拡張
  平成 19年 9月 医薬品医療機器総合機構の5回目のGLP調査を受ける (評価結果通知:平成19年12月18日 評価:A)
  平成 19年 9月 明治安田生命保険相互株式会社で発行される「My経営情報2007.9月号」において「企業発見」の特集コーナーで(株)バイオ病理研究所が掲載されました。
  平成 20年 2月 厚生労働省医薬食品局に5回目の化学物質GLP基準適合確認を申請 (評価結果通知:平成20年2月5日 確認の可否:可)
  平成 20年 4月 農林水産省生産局に3回目の農薬GLP基準適合確認を申請(評価結果通知:平成20年8月8日、適合)
  平成 21年 4月 2009年3月施行ホルムアルデヒド管理濃度0.1ppm基準に対応するために新館 「新切り出し棟」 が完成。
  平成 21年 6月 作業環境測定士による弊社の新切り出し室のホルムアルデヒド管理濃度 が0.1ppmの基準をクリアし 第1管理区分での環境と判定されました。(ホルマリン管理濃度:A測定値<0.01ppm, B測定値0.01ppm)
  平成 22年 4月 2010年度新入社員5名が入社致しました。
  平成 22年 3月

大分県県広報部の取材を受け、県政だより2010年3月号「新時代おおいた」No.69 ワーク・ライフバランス~仕事と生活の調和を目指して~において、(株)バイオ病理研究所の取り組みが掲載されました。

  平成 22年11月 医薬品医療機器総合機構の6回目のGLP調査を受ける (評価結果通知:平成22年11月26日 評価:A) 
  平成 23年 4月 2011年度新入社員2名が入社致しました。
  平成 23年 7月 農林水産省消費・安全局に4回目の農薬GLP基準適合確認を申請(評価結果通知:23年7月15日 適合)
  平成 23年 9月 弊社より実験病理組織技術認定士(Qualified Laboratory Technologist in Experimental Pathology)1名(女性)が誕生しました。
  平成24年 4月 2012年度新入社員1名が入社致しました。
  平成25年 4月 2013年度新入社員1名が入社致しました。
  平成25年 9月 医薬品医療機器総合機構の7回目のGLP調査を受ける (評価結果通知:平成25年9月27日 評価:A) 
  平成25年12月 厚生労働省医薬食品局に化学物質GLP基準適合確認を申請 (評価結果通知:平成25年12月27日 確認の可否:可)
  平成26年 4月 2014年度新入社員2名(女性)が入社致しました。
  平成26年 4月 株式会社大銀経済経営研究所(DKK)より発行される「おおいたの経済と経営(2014.4月号)我が社を語る」に弊社が紹介されました。
  平成26年 5月 2014.5.1(木)よりバーチャルスライド受託サービスを開始。
  平成26年8月 (独) 農林水産消費安全技術センター(FAMIC)に5回目の農薬GLP基準適合確認を申請(平成26年8月1日 適合)
  平成27年12月 弊社代表取締役社長に金林 智倫が就任致しました。前任者同様のご指導、ご鞭撻をどうぞよろしく御願い申し上げます。
  平成28年4月 2016年度、新入社員2名が入社致しました。
  平成28年7月 医薬品医療機器総合機構の8回目のGLP調査を受ける (評価結果通知:平成28年8月30日 評価結果:適合) 
  平成28年8月 大分県教育委員会発行の「H28おおいたものづくり発見ブック」に弊社の取り組みが紹介されました!
  平成28年10月 市報くにさき2016.10月の「国東(くにさき)の原動力vol.17」で、弊社の取り組みが掲載されました。
  平成28年12月 厚生労働省医薬・生活衛生局に化学物質GLP基準適合確認をいただきました (評価結果通知:平成28年12月16日 適合)
  平成29年 4月 2017年度 新入社員2名(女性)が入社しました。
  平成29年 8月 農林水産省消費・安全局に6回目の農薬GLP基準適合確認を申請(評価結果通知:29年8月29日 適合)
     

職場風土改革への取り組み
21世紀職業財団
●株式会社 バイオ病理研究所は、2010年度 2年目の両立支援に取り組んでいます。より良い職場環境向上に務めております。                        平成22年10月 代表者:代表取締役社長 金林 泰子
●株式会社 バイオ病理研究所は、財団法人21世紀職業財団 大分事務所長より「職場風土改革促進事業実施事業主」の指定を受けました。 社員の家庭生活が両立し、働きやすい職場環境が持てる様に環境を整えて取り組んで参ります。
                           平成21年12月  代表者:代表取締役社長 金林 泰子
 
2010年3月:大分県県広報部の取材を受け、県政だより「新時代おおいた」No.69 ワーク・ライフバランス~仕事と生活の調和を目指して~において(株)バイオ病理研究所の取り組みが掲載されました。

 

   
病理組織標本作製および検査 
 
   
株式会社 バイオ病理研究所
 
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2  
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320  
    E-mil:mail@biopathology.jp