バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品

特殊染色標本作製

HE染色での病理検査の結果、さらに確定診断したいケースが多々あります。HE染色と比較して特殊染色を実施することにより有効な診断結果が得られます。弊社の場合、特殊染色標本のみの作製も実施しておりますが、HE染色とのセットでご依頼頂いた方がスムースな病理検査が実施可能ですのでご検討ください。

特殊染色作製例(一部)
●PAS●マッソントリクローム●EVG(Elastica van Gieson stain)●Sirius Red●コンゴーレッド●ボディアン●ルクソールファーストブルー(LFB)●ビルショウスキー●ビクトリアブルー●チオフラビン●ギムザ●Turnbull's blue●渡辺鍍銀●Kossa●ベルリンブルー●サフラニンO●PTAH●酸性フォスファターゼ●フォンタナ・マッソン染色、●グリメリウス染色、●モバットペンタクロム染色、●チールネルゼン染色、他。詳細は弊社までお問い合わせください。


特殊染色標本写真一覧
チオフラビンS:バイオ病理研究所
ビクトリアブルー染色:バイオ病理研究所
ビルショウスキー染色:バイオ病理研究所
ボディアン+LFB染色:バイオ病理研究所
チオフラビンS染色(マウス脳)
ビクトリアブルー染色(ラット大動脈)
マウス大脳(ビルショウスキー染色)
ボディアン+LFB染色(マウス大脳)
MT染色 肝臓 バイオ病理研究所
PAS染色 バイオ病理研究所
Turnbull's blue染色
ギムザ染色:バイオ病理研究所
マッソントリクローム染色(ラット肝臓)
PAS染色(ラット腎臓)
Turnbull's blue染色(マウス肝臓) 
ギムザ染色(マウス大腸)
ボディアン+LFB染色:バイオ病理研究所
ボディアン染色:バイオ病理研究所
渡銀染色:バイオ病理研究所
渡銀染色:マウス腎臓
ボディアン+LFB染色(マウス海馬)
ボディアン染色(マウス脊髄)
渡銀染色(マウス脾臓)
渡銀染色(サル腎臓)
KOSSA染色:バイオ病理研究所
PTAH染色:バイオ病理研究所
サフラニンO染色:バイオ病理研究所
KOSSA染色(マウス大動脈)
PTAH染色(ラット肺)
Alcian blue染色(ラット椎間板)
サフラニンO染色(ラット椎間板)
ACP(酸性ホスファターゼ)イヌ大腿骨
ACP(酸性ホスファターゼ)ラット肺
Sirius Red染色( ラット肝臓)
フォンタナ・マッソン(イヌmelanoma)
PAM染色 Nissl KOSSA染色 グリメリウス染色
PAM染色(マウス腎臓)
Nissl染色(ラット脊髄)
コンゴーレッド染色(偏光顕微鏡撮影)
グリメリウス染色(ラット膵臓)
チールネルゼン      
チールネルゼン染色(マウス肺)
     
       
       

 

   

   
病理組織標本作製および検査
 
   
株式会社 バイオ病理研究所
 
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2  
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320  
    E-mil:mail@biopathology.jp