バイオ病理研究所
 受託販売およびその他製品
ごあいさつ
 

株式会社 バイオ病理研究所は動物実験における組織標本の作製、組織学的検査の受託機関として、諸先生方の力強いご支援、ご指導のもとに1990年 2月に開業し今年27年目を迎えることになりました。

私、専業医薬品メーカー、 先端技術開発メーカーに20年間勤めてまいりましたが、この間、基礎研究から開発研究・申請業務に至る一連の貴重な経験をさせていただきました。加えて、各種動物に対する種々の化合物、天然物、 抗生物質、タンパク質、ビタミン等の病理学的研究を続けてまいりました。
この分野のニーズにお応えできる充分なノウハウを持ち合わせていると考えておりますので安心しておまかせいただけるものと確信しております。

ところで、基礎研究、探索研究、開発研究に携わっておられる皆様方が日頃から心を砕いておられることは、限られた条件の中で「いかに短期間に、より以上の成果を、効率よく成し遂げるか」に尽きると存じます。この様な皆様方の業務の一助に「株式会社 バイオ病理研究所」を探索、試験研究、開発の段階に組み込んでいただければ幸甚でございます。

弊社はGLPに則って実施する試験施設であると同時にフレキシビリティのある研究を行うために社員 一同一丸となって研鑽、錬磨を怠らず、皆様方の御期待に添うように努力いたしておりますので何卒ご用命の程お願い申し上げます。       

      取締役会長 医学博士      
毒性病理学専門家(JSTP)
獣医病理学専門家(JCVP)   金林輝彦(Kanabayashi Teruhiko) 

   
病理組織標本作製および検査
 
   
株式会社 バイオ病理研究所
 
    〒873-0511 大分県国東市国東町小原1200-2  
    TEL:0978-72-0454 FAX:0978-72-2320  
    E-mil:mail@biopathology.jp